ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

Twitterの情報は取捨選択をしよう

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20190911221919j:plain ブログをはじめて、10日が過ぎましたが、そろそろTwitterのタイムラインがカオスになりはじめるころです。

フォローする人が増えると

僕は基本的に、Twitterでフォローされるとフォロバする人です。

個人的なポリシーとして、自分のフォローしてくれた人を、フォロバする基準とか作ってフォロー返しを行うことはあまり好きではありません。

お高くとまっているみたいじゃないですか。

属性がまったく違うような人も中にはいますが、まあこっちに何か害がなければ、普通にフォロバしてしまいますね。

ミュートする場合

だからといって、自分が興味のない情報がずっとタイムラインに流れているとそれはそれでストレスにはなります。

自分にとって必要のない情報ばかりを流している人は、ミュートをしています。

例えば、

  • 延々とリツイートばかりしている人

  • 憎悪を抱くような画像をツイートしている人

  • 誹謗中傷ばかりしている人

  • 現金、ゲーム機の釣り企画に参加ばかりしている

等々、自分が必要としている情報以外の情報を流している人は、様子を見て適宜ミュートするようにしています。

ブロックする場合

ミュートよりも一段階上になるブロック。

この場合は、実害があったもの、あるいはマナー違反等が多いです。

例えば、

  • 有料サークル等の勧誘を目的とするような行為

  • ブログを持っていない人からのDMがあった場合

  • 自分に対して過度に誹謗中傷をした場合

  • アダルトな情報しか流していない人の場合

等々、特に上二つの場合は、有無を言わさずブロックすることにしています。

テンプレートだと明らかにわかるようなDMが届いたり、有料サロンや有料情報商材等の勧誘だとわかるような人からのメッセージがあった場合はブロックしています。

最近は、いろいろなパターンがあって、実際にブログを見た上でメッセージを送ってきて、油断させておいて、実は・・・というパターンもあったので、DMで挨拶が来てブログを持っていないような人だったら即ブロックするようにしています。

ミュート、ブロックを使って心地よいタイムラインを

人によっては、このようなミュート、ブロックを使いたくないという人も中にはいると思います。

しかし、Twitterの機能として公式に使えるものであるので、僕は積極的に使うようにしています。

もちろん、やたらめったら使うことはしていません。

ほとんどの人は、このような機能を使わないでいい人ばかりです。

一部の悪意の人のために最悪ブログをたたまなくてはいけなくなるなんてことにならないように、Twitterのタイムラインは心地よくしておきたいものです。