ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

影響されるのはいいけど、影響されすぎないように

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20190903225116j:plain 世の中には、人の言っていることを素直に聞いて、そのまま実践していて自滅してしまって、フェードアウトみたいな人をたまに見かけます。

仮想通貨・note・Wordpress・Youtuber

とあるきっかけでちょくちょくチェックするようになった、とあるブロガー。

インフルエンサーが言うことを、素直に実践して、仮想通貨投資メルカリnoteWordpressゲーム実況・・・等々、さまざまなことに手を出していました。

ブログを見に行くと、統一感のとれた感じで、ものすごくすっきりとした印象。

文字アイキャッチはメリット・デメリットがある

ブログのアイキャッチは、文字を大きく書いたアイキャッチです。

目立つのはいいのですが、後ろの写真を覆い尽くすように書かれているので、同じような記事が並んでいるような印象になってしまいます。

さらに最近の記事の内容は、ほぼメルカリやゲームの記事ばかり。

バリエーションが少ない上に、同じようなアイキャッチで、記事の印象が残らない感じがするのです。

このように統一感がありすぎると、逆に個性が見えてこないというデメリットがあります。

読後感の悪いネガティブな記事は書かないほうがいい?

この方のブログをさらに遡ると、「結末がよくないネガティブな記事は書かないほうがいい」というような記事に目がとまりました。

本当にそうなのでしょうか?

僕は、違うと思います。

ポジティブな記事も、ネガティブな記事も、いろいろあるから、書いている人が見えてくるものだと思うのです。

ネガティブを一切排除した、ポジティブ全開なブログは、あまり魅力がないと思うのですけどね。

この方は、普段から自分を見せるということをしません。

家族がいるはずなのに、家族のことを話さない。

ツイートはいつもブログ精神論。

なんというか、ブログ等でお金儲けしたいといっているわりに、自分を見せなさすぎな気がするのです。

見る人が見ればわかってしまう

おそらく、ブログを長くやっている人が、この方のやっていることを見ると、「この人はインフルエンサーに影響されて行動しているだけ」ということがわかってしまうと思います。

最初の章で書いた、いろいろなことに手を広げているものは、インフルエンサーが過去に勧めていたものであったりするものなのです。

ネガティブな記事を書くなというのも、数年前に結構言われていたことでしたからね。

影響されるのはいいのですけど、馬鹿正直にすべてを受け入れてしまうと、自分が何をしたいのかよくわからなくなると思うのです。

実際、数ヶ月前にすべての活動の休止宣言をして、そのまま現在も放置されています。

自分を素直に見せること、手を広げすぎないこと

僕は、この方に言いたいのは「自分を素直に見せること」かなと思います。

常にそうしろと言っているわけではなく、一生懸命記事を書く合間に、息抜きに自分の思っていることを素直に書いたりして、自分の情報開示をしていくべきだと思いました。

また、インフルエンサーが「これ、いいよ!」と言ったものにすぐに飛びつかず、自分にそれが合っているのかというのを考えて行動をしたほうがいいと感じました。

人を集めるために、いろいろなことに手を出して、すべて中途半端になるくらいなら、自分のできることを見極めて、それを極めたほうがいいと思うのです。

たぶん、この方はこのまま放置してフェードアウトしそうな気がしますが、これも他山の石と思い、自分も気をつけようと思う今日このごろです。