ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

2019年10月13日の記録【台風19号(その2)】

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20191015165350j:plain 日付が変わるころには、雨がやんで、強い風おさまってきたと思ったのですが。

2019年10月13日午前0時

雨がやむと同時に、風もおさまってきて、外がものすごく静かになりました。

そんな中、遠くでサイレンの音が聞こえてきました。

サイレンは2回ほど。

最初は、どこかで決壊したのかと思いましたが、実は、荒川の水位が上がってきたので、彩湖という荒川の貯水池に水を入れるというものでした。

www.ktr.mlit.go.jp

2019年10月13日午前2時

夜中に急にスマホの緊急速報メールが入り、見ると避難指示(緊急)のメールが。

近隣市の情報でしたが、危険水位を超過したとのことで、このときはさすがに緊張がはしりました。

さすがに、目が覚めてしまって、パソコンを立ち上げて、荒川の水位の上昇を逐一チェックしていました。

2019年10月13日午前10時

結果として、荒川の決壊は、発生せず、朝になり、ここでやっと安心しました。

とりあえず、周囲の状況を知りたくて外に出ました。

駅に行ってみると、午後から再開と公式には発表していたみたいですが、少ないながらも電車が動いているみたいでした。

ただ、僕が駅に行ったときは、何らかの支障が発生して、運転見合わせになっていましたけど。

午後に入ると、遅れながらも動いてはいたみたいです。

コンビニは、前日の影響で品物が少ない状態は続いていましたけどね。

ハザードマップを見て驚いたこと

実は、台風が来る前ハザードマップを見ることをしていませんでした。

台風が去ってから、改めてハザードマップを見て、今回の台風はギリギリだったことに気づきます。

このハザードマップは、「3日間の総雨量が632mmを超えたとき」を想定して作られています。

今回、2日間で600mm近くに達しているので、実は、本当にギリギリでした。

住んでいる近辺の荒川は、非常に幅が広く、この河川敷いっぱいに水なんてくるわけないじゃんと思っていたのが、本当に河川敷いっぱいに水が流れている状態を見て衝撃を受けました。

本当、今回は運がよかっただけで、治水がしっかりしていても、次はどうなるかわからないなというのが正直な感想です。