ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

レンタルサーバーを使いはじめたころに失敗したこと

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20191030185403j:plain レンタルサーバーって、使ってみないと実際わからないなあというのが結論。

安いドメインに飛びついて失敗

独自ドメインをとるときに、ドメインを販売している所(バリュードメインとか、お名前.comとか)で、格安なドメインがあったりします。

1年100円前後で売られているものもありました。

.comとかよりも安いからいいなと飛びついたものの、1年後に大変後悔したことがあります。

格安な料金は、1年目の新規取得時だけ。

更新時は、普通の値段に戻り、中には.comよりも高額になるものもありました。

中には、5000円近くなるものもあって、.jpドメインの方が安いというものもありました。

だから、ドメインを考えるときは、2年目以降どれくらいになるかしっかり確認しないと、1年目の料金で即断するのは怖いですね。

安いレンタルサーバーに飛びついて失敗

月500円程度のレンタルサーバーを使っていたことがありました。

老舗で、結構利用者がいて安心してたのですが、使い込んでいくうちに不満が出てきました。

頻繁に503エラー(人多すぎエラー)が出るようになってしまいました。

共用のレンタルサーバーだったので、そのサーバーの中でアクセスが多いサイトとかがあると、全然関係のないサイトまで重くなったりしてしまったりするのです。

規約を読まないで失敗

昔、アダルト系のサイトをやっていたころ、規約を読まないで契約をしていたこともありました。

契約した当初は、実はその辺の規定があいまいで、アダルト系でも一部の特定のジャンルのサイトはOKだよということを書いてあって、それにつられて契約してしまったのですが、後に規約が厳格化され、アダルトは全部ダメという風に変わってしまったのに、気づいてなかったのです。

突然、「規約違反なので消してください」と来たときは、すでにサイトが充実していた時期だったこともあり大変でした。

新しいレンタルサーバーで失敗

このレンタルサーバーは、現在も使っているのですが、数年前にできたばかりの新しいレンタルサーバーサービスの会社です。

使いはじめのころは不安定で、画像が表示されなかったり、いろいろ細かいエラーがでている感じでした。

ただし、このレンタルサーバーは、使っているうちに徐々にスペックをあげてきて、今では安定して使えています。

サーバーのスペックもSSDとか使っているので、表示速度も今では満足できるレベルになっています。

まあ、その分値段はお高いのですけどね。

おすすめランキングは当てにならないことが多い

レンタルサーバー選びって、使ってみるまで実際のところはわからないなあと思います。

よく、おすすめのレンタルサーバーみたいな記事もありますが、読んでみると「おすすめしている本人のアフィリエイト収益を最大化するところ」がおすすめ上位になっていることが多いというのが正直なところ。

アフィリをやっていない(あるいは報酬が低い)レンタルサーバーなんて、だいたい下位になっている印象なんです。

だから、この記事で、おすすめのサーバー等は紹介しません。

人によって求める条件も違うし、ジャンルによっては契約ができないレンタルサーバーもありますからね。

それに、普通のブログをやるのなら、そういったレンタルサーバーに頼らなくても、はてなブログをはじめいろいろなブログサービスがあるのですから、そっちでやるほうが全然楽です。