ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

事務職はもうムリだと思う理由

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20190902212149j:plain 僕は、経理、一般事務、データ入力等いろいろな事務職をやってきましたが、事務で食っていくのは、もう無理だなと思っています。

こうあるべきだという固定観念

今の日本の社会では、「事務は女性の仕事」という固定観念が強すぎて、年のいったおっさんが働いているのはおかしいというような空気を感じることがあります。

採用の時点、実際に働いているとき、いずれの場合においても強く感じます。

40代の男性ならば、家庭を持ち、子供も大きくなってきて、家もある。

会社の中でも、中間管理職でバリバリ働いている。

普通、そんなイメージがあるのではないでしょうか。

実際、若い頃思っていた自分の40代は、まさにそんな感じでした。

たった一回の就職の失敗で

僕は、大学を卒業後、希望の仕事につくことができず、就職に失敗してしまいました。

実際には一度就職をしましたが、自分の適性や希望を無視した選択をしてしまい、結局早期に辞めてしまいました。

それ以降は、フリーターとしてずっと仕事をしてきました。

一度税理士の資格をとろうと努力をして、簿記論、財務諸表論までは合格できましたが、それ以上は地頭がよくないこともあって、まったく受からなくなってしまいました。

また、税理士事務所で、いろいろなこと(パワハラ、いじめ等)を経験してしまって、結局税理士を目指すということ自体をあきらめてしまいました。

それ以降は、なにかを目指すというようなことはしなくなっていました。

どんどんきつくなる条件

今の会社は、去年の夏にやっと入ることができたのですが、それまで本当に苦労しました。

2年間くらいブランクが空いてしまって、その会社に決まる直前までは、本当に精神的にヤバい状態にまで陥っていました。

条件を下げても、なかなか合格できず、かといって、どんな会社でもいいからと入ってしまうと、とんでもない会社であったりして、本当に苦労しました。

結局、期間限定の今の仕事に就いたわけですが、そこまでしてやっと合格できたという感じでした。

もう事務をやるのはやめよう

もう、まともな事務の仕事なんてつくことはできないよねというのが正直なところ。

長く働けるような職場に入れないかと努力をしていましたが、

  • サービス残業が当たり前の会社

  • 常勤の仕事の約束を反故にされた会社

  • 怒号、罵声が飛び交う会社

等、よくなるどころかどんどん状況が悪くなる一方でした。

今の会社も、かなりのクソ会社なのですが、まあ、まだ在籍中なので、詳しい話はまた別の機会にしたいとは思います。

そんなわけで、「もう事務の仕事はムリ」というのが本音です。

最後の悪あがき

www.applecorr.com

昨日の投稿でもお話ししたとおり、キャリアチェンジを今回しようとしています。

これまでも、キャリアチェンジをした時もありました。

しかし、様々な理由で失敗しているというのが現状です。

そういう意味で、これがラストチャンスなのかもしれません。