ロスジェネ再起動計画

このたびロスジェネフリーターが将来のためになにか動くようです

就職氷河期世代の人に「選ばなければ仕事はある」と言うのは暴言に近い

スポンサーリンク

f:id:applecorr:20191007181327j:plain よく就職氷河期世代で就職できない人やフリーターに対して「選ばなければ仕事はある」という人が現れます。

選ばない仕事とは

僕は、こういう人に対して、声を大にして言いたいです。

すでに、何でもいいからと仕事をして失敗しているんだ」と。

何でもいいから仕事をするということは、就職氷河期世代で負け組の人は、経験しているのだと思うのです。

もちろん、ずっとニートだったという人は別かもしれません。

でも、自分の適性やスキルを無視した仕事をしたことによって、肉体的あるいは精神的に崩れてしまうことが多いと思うのです。

何でもいいから仕事を決めると

僕も、仕事が決まらなくて、めちゃくちゃ焦った時期が、過去にもありました。

そのとき、やっと決まって、製造業の会社の経理に就いたのですが、毎日怒号が飛び交っていました。

同族企業で、社長の親族が、従業員に毎日大声で説教をしたり、机を叩いたり、そんな環境でした。

下の人間は、常に社長とその家族のことを、陰で悪口を言っている。

常に緊張を強いられていました。

そんな環境でも、なんとか我慢してきたのですが、ある日、まるで子供のように、朝になると吐くように・・・・。

そうなってしまうと、もう辞めるしかありません。

育てない企業、即戦力を求める企業

今の日本の企業は、「育てず、安く使う」というのが当たり前になってしまった感があります。

人を育てるということは手間がかかることかもしれません。

だから、未経験だと採用もされず、即戦力ばかり求められる。

最初の就職につまづいてしまうと、この国では奴隷のように安くこき使われるのが当たり前になってきてしまったような気がします。

誰でもできる仕事は、労働環境が悪く、そして賃金が安い。

転職市場も、就職氷河期のフリーターになんて門戸は開かれていません。

結局、一度落ちてしまうと、その位置で固定されてしまうのです。

若い人は関係がないと思っているかもしれないが

最近は、上の世代の就職氷河期世代叩きのみならず、下の世代の就職氷河期叩きもはじまっている感があります。

今の日本では、人生を左右するのは「運」です。

たまたま、学校を卒業したときに景気がよく、普通の企業に入れる時期もあれば、景気が悪くなると一気に企業の採用がなくなります。

一気に企業の採用がなくなったとしても、国も社会も助けてくれません。

来年のオリンピックが終わると、また不景気になると僕は考えています。

そうなったときに、今は関係ないと思っている人々も、セカンド就職氷河期がやってくる可能性だってあると思います。

就職氷河期世代で救われないと思っている人々は、今後未来永劫救われない状態が続くかもしれません。

そうなったときに、「俺は関係ない」と思っている人々を巻き込んで、国全体が総倒れになっていくと思います。

そのときに「あのとき救っておけば」と思っても、もう遅い。

平和で安心して暮らせる社会だったのに、なぜこんな国になったんだ、なんていうことにならなければいいのですけどね。